上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月31日、某大学生10人位と宿の人たちのみの前で今年母島ラストライブを行う。

なにやら不可解な非音骨的なる雰囲気の中で、恐らくは小笠原に来て以来最もぶっちぎれテンションの音骨が観測できた模様。

アンコール終了後、音骨は「音骨のことを好きな人っ!?」と言ったら幾人かがサッと手を上げた。おお、おお、おーっ。
「じゃあ、音骨が嫌いな奴っ。」と言って見回したが誰も手を上げず、「みんな趣味いいねぇ~」と言ってライブ終了。

その後大学生たちと飲み始めたが、ほとんど記憶なし。
以下は証言者の発言を元に構成する。

激しいテンションで語りかける音骨の話を軽く聞き流していた某青年に「俺の話を聞けえええ!!!」と怒りだす。
夜釣りに行きたがっていた彼に「俺と夜釣りどっちが大事なんだああ」
みたいな。バカな?
その後、近隣中に響き渡る声で大泣き嗚咽を繰り返す音骨。
近隣から「うるせえ!!」との苦情が。
なおも収まることを知らずシャウトしまくり、仕舞いには貝殻の灰皿やらデカイ石なんかを道路から5メートル以上の高さにある宿のデッキから次々に道路に投げ込む。
近所のヘルパー仲間が心配そうに何度も何度も顔を出す。
ひとつは宿のデッキの床の木をえぐりとって跳ね返り、あろうことか窓ガラスに激突。幸い軽く欠けた程度で済む。
そのうちに警察に通報され、警官が駆けつけた頃には涙の熟睡。
「大丈夫?もう寝な。」ぐらいの感じで警官帰る。
同じ宿のヘルパー仲間が必死で音骨を庇い、看病してくれたらしい。

翌朝その全貌を知らされる。
淡々と事実を話してくれた宿の主人が、食事を取らない音骨の体を気遣い握ってくれた小さなおにぎりを食べ、ポロリ涙ぐむ。

その夜はお客さんゼロだったので、みんなで大漁寿司に行って穏やかに昨日の事件などの詳細を聞きながら飲み、食う。

9月2日、朝から大掃除をしていた折に、島内放送が。
「台風の影響により、次の小笠原丸に乗る方は今日の母丸に乗ってください」との。
「ええええええええxxxx!!」

と、言うことで何にもしたくしてなかった音骨は急遽荷物をまとめ、母島丸に乗ることに。
何人かのヘルパー仲間たちが駆けつけてくれた。
3時30分の船に乗って、6弦の切れたギターをかき鳴らしながら5ヶ月強いた母島を去る。

父島に着いたのはいいが宿の空きがなく、小祝荘というアパートに素泊まる。翌朝出航。懐かしい父島で世話になった人たちと再会する。
何人かの知り合いが見送りにきてくれた。

小笠原丸の中で再会した某大学生たちが「音骨さーん!!」と元気に声をかけてきた
自然に浄化されたような明るい笑顔で「やっぱ島の人たちって温かいですねー。」と言ってた。
そーだね、音骨は熱すぎたかもしれないけど。
中でも飲んで寝て、飲んで寝て、飲んで寝て、飲んでしばらくしたら、東京湾だった。

9月4日、音骨内地上陸。
ヨメ&ブラックが出迎えに来てくれていた。

そうなんDeth。
音骨はとっくに内地にいるんDeth。
今日は渋谷のセンター街にお買い物に来てるんDeth。
なにか過去の世界にタイムスリップしてきたみたいDethねっ!!

相変わらずの色褪せた風景。濁った空気。
ここで音骨は新たなる活動に入りまッス!!

コメント

ようこそ内地へ。
このモノクロの世界にも、母島の風と音骨星の唄を感じさせてくれるような活動を期待してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アルバム

おかえり~~~!!母島でのライブとても良かったです。いい想い出ありがとう!!ところでアルバムは出来たのでしょうか??是非購入したいのですが、、、情報下さい。そして、内地でのライブ等もあれば教えてくださ~~~~~い!!!!

GNZYさん、ありがとう。
現在様々な用事を片付けつつ新たなる活動に向けて猛進中DETH。
期待して待ってて下さい。

しゅうちゃん、残念ながらまだアルバムは完成してません。今年中には発売に踏み切りたいと思っています。
12月には発売記念を兼ねたW披露宴LIVEなるものを企画中DETHが、未だ日取りも場所も確定してません。
でもそのうち、路上シークレットライブをする予定なので、そのときはブログ上で告知します。
こうご期待をっ!!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。