上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝起きたら、おねしょしてまスた。
たぶん、昨夜酒蔵のプリンセスと長電話して、調子に乗って飲み過ぎたせいでSHOW。
内地に帰って来てからは、初だったので、おまけに布団の中でしたのも初だったので、でもちょっともビックリしまそんでスたっ!!!
ま、こんなもんDeth。
三才児Deth死ねっ!!
と、いう事で、車で大型コインランドリーに布団を洗いに行くついでに、いつかの音骨ボコられる事件で精密検査を行った病院に、まだ清算に行ってなかった事を思い出し、行こうという事になりまスた。
20070923222711
音骨の脳内スキャン図

急患で預けていた五千円から、ま、幾らか戻るだろう的楽観で病院に行ったら、どうやら第三者に危害を加えられた場合は、な、ん、と、全額負担との事。

おまけに、病院によってマチマチだそーDethが、その病院だと、15割負担になるそーDeth。

な、ん、と、金額にして金4万4千円弱!!!

ただ調べただけなのに、しかも、なんの問題もなかったのに、こ、れ、は、明らかに泣き寝入り!!
く、や、し、すぎ。

しかも、こんな火の車的生活苦の我ら音骨家にとっては、痛恨の一撃!!!
ボコったあいつら探して、金請求するか的発想まで持ち上がりまスた。

よーするに、相手側と国保両者から、金を請求しようとする詐欺野郎がいたりするから、国保通用許可がおりないんだそーDeth。

ま、さ、に、警察沙汰にしなかった、いい人ブリッコが裏目にでたという事Deth。
(ほんとは、面倒臭かっただけだけど。)

でも、ひき逃げとか、相手が分からない場合は、国保が通用するとの事。

でも、「いや、ひき逃げみたいなもんなんスよ~。」的な事を病院側に言っても、らちあかず。

ま、そりゃそーでSHOW!!

それで、一度は「今回は、第三者に危害を加えられた件(しかも相手が分からない)なので、通用しません。」と言われた音骨現住所として登録されてる小笠原村役場にもう一度電話し、言語障害気味の音骨から、妻に電話を変え、「検討します」的事を言われ、待つ事2、30分。

つ、い、に、国保使用承諾がおりまっした!!

おかげで、通常の三割負担が適用されまっスた!!!

ありがとおおおおお!!!小笠原!!!
やるなああああ!!!小笠原!!!
この恩は返しまっせえええええええ!!た、ぶ、ん。。

つー事で、いっそう小笠原に首ったけになった一日でした。
戻るよ小笠原は母島!!役場は父島だけどっ!!
来年の2~5月頃にっ!!!!!
スポンサーサイト

音骨軍団始動

FreeDeth

母島「シャワー室から望む舞浜」をもとにした、「FREE Deth OTOBONE Vol 1」ジャケット

当初、単なる弾き語りアルバムとして、構想されていたこのアルバムが、どうやら凄まじいライブバンド的音になりそうな、そのきっかけは、ある男からのこんな一本の電話でした。
「アルバム最高じゃねぇかよおおお!!ふざけんな!!俺にもなんかやらせろおおお!!」

そう、以前アルバム「宇宙人ハ芸術家」制作中に、毎度おなじみの喧嘩別れをしていたこの男の耳に、なにやら別の男に渡したはずのアルバムのマスタリング前の音源が、なにやら別の男のたくらみで、なにやらこの男の部屋に、これ見よがしにポンと置いてあったそーで、聴いて速攻電話してきたんだとか。

この高円寺のゴミ二人が恒例の仲直りを果たすと、なにやら高円寺のゴミもう二人(アシュラ含む)も、うごめきだすわけDethわ。
だったらっつーこっって、どーせならっつーこって、なにやら年末もう一発かましてやっかと思って、構想した訳Dethわ。
音骨以外のこの三人、楽器は何でもやるが、基本的にはみんな太鼓叩き。
も、ち、ろ、ん、自分が一番うまい!!とみんな思ってるに、違いないでSHOW!!!

この男の名は「コウガ」といいます。
もう一人は「ジゾウ」といいます。
二人あわせて、黒犬「クロイヌ」と音骨が名づけまスた、昔。

この黒犬、なにやらアルバム発売記念LIVEにも、暗躍しそうな空気Deth。

もちろん「FREE Deth OTOBONE」にはアシュラ含め全面参加しまっス!!!

一体、この極悪三人衆が、どの口で「笑ってユキナ」に参加するのでSHOWか?

それは、聴いての、お、た、の、し、み、Deth!!!
master
リサイクルショップ パラダイスのマスターDeth。

高円寺の早稲田通りにある、がらくた屋じゃなかった、主に中古楽器を取り扱う何でも屋さんのマスターDeth。
一年ほど前に、金に困った音骨が、最後の頼みの綱だった10年間連れ添ったエレキ、ブルーのモズライトを売りにきたのが、最初の出会いのきっかけでした。

数々のペインティング&手術で、見るも無惨なそれをみて、「いやぁ~、これは、もう売り物にならないから500円とかだよ。」的な事を言って、手にとった瞬間「みて!これ!鳥肌だよ!!」と、確かにマスターの腕には鳥肌が。
モズのオーラに感電し、かつペインティングにも「俺、大体ギターに絵を描いてたりすると、勿体ねぇなぁとか思うんだけど、これは、そうは思えないんだよなぁ~。」と、音骨パワーを見抜いたらしいマスターは、「売らないほうがいいと思うけど、もし売るんだったら、俺が個人的に買うよ。値段言ってくれ。」と、言ってくれたのですが、そしたら、だんだん勿体なくなってきて、結局売るのを止めたのでした。
moz
鳥肌OTOBONE MOZ LIGHT

その後、当時のアコギに物足りなさを感じていた音骨は、再び来店し、あの供に小笠原に旅立った、運命の音骨ギター、赤ラベルと出会い、割安で購入したのでした。

そして、当時目ん玉が無かった音骨に、「これ音骨に似合いそうだからあげるよ」と、目ん玉をくれたのでした。

そういえば「ガットも一本あったほうがいいんじゃない。」と、クラシックギターも貰いました。

小笠原に旅立つ時も「サポートするよ」と言って、母島にギター弦を送ってくれたりもしました。

そして昨日、小笠原に旅立って以来の久々に店を訪れると、「これ、いいギターなんだけど、売れないからあげるよ」と、こいつをくれました。
えええええええええ!!!!Deth。ま、ま、ま、じ、De、th、か?

moris
音骨混沌ルームにそびえるモーリスちゃん。

モーリスの28年物のこいつは、最早ワシントン条約で輸入を禁止された、ブラジリアンローズウッドなる木で、できているんだとか。
何やらダサっぽい、煙草の銘柄のシールが貼ってありますが、そんなもの塗りつぶしてやればいいでSHOW!!
鳴ります!!響きます!!二号さんDeth!!!イエ~イ愛人だあああ!!Deth。

こちらのマスター、普段はウクレレ弾きながら、ピッチピッチの短パン穿いて、店の前を通るギャルに目配せをおくる、ミスターナンパオーみたいな感じですが、楽器をこよなく愛し、高円寺の老若男女にこよなく慕われている、面倒見のある賢人でもありまっス。

実は20年間無遅刻無欠勤のバリバリのエリートサラリーマンだったのが、本部昇進前に突然壊れ、「俺のやりたいのは、これだ!!」と、突然ハワイアンに変身を遂げたという、謎多き、いわゆる宇宙人の一種でもありまっス!!

同じ宇宙人として、時にこうして次元交流を行っているわけDeth!!!
今んとこ、もらってばっかDethけどねっ!!!
変なグッズや、ギターかウクレレが欲しくなったら、お薦めDeth!!
きっと、後悔はしないでSHOW!!!
ナ、ニ、は、と、も、あ、れ、二号さんゲットDeth!!!

アルバム「宇宙人ハ芸術家」の全国発売の日が、2008年2月6日に決定しまスた!!

よーするに、全国のインディーズを扱うレコード店に注文すれば、届くっつー事Deth。
実際にどのくらいのレコード店が、このアルバムをこちらに注文してくるのかは、神のみぞ知るっつーこっちゃDeth。

そ、し、て、勿論、音骨コーポレーションが先行発売しまっス!!!

その日は、も、ち、ろ、ん、アルバム発売記念ライブの12月24日Deth!!!

金額は税込み2,000円Deth!!

そ、そ、そ、そして、アルバム購買先着何十名様かには、な、なんと、もう一枚アルバムが付きます!!!

アルバムタイトルは「FREE Deth OTOBONE Vol 1」

その名の通り、た、だ、Deth!!!

レコーディングは、これからDeth。
エレキに持ち替えた音骨が、軍団アミーゴ達三人と、勢い溢れるLIVE一発的な一品を、これから快速制作しまっス!!!

曲目は、ジャイアン&ブラックと供に初北港上陸(ただし軽トラの荷台に乗って)を果たした思い出を、即日真空パックした、爽快な一品「北港へ行こう」

宿の赤ちゃんが笑ってくれないという、音骨の嘆きから作られた普遍の名曲&宿の子供達からの最多リクエスト曲だった「笑って ユキナ」を歌詞3番まで増量しての出品!!!

宿の次女の誕生日に作ったものの、内容のひどさ加減に失笑&シラー的ムードになりそうだったのを、なんとかその日は無理矢理「HAPPY BIRTH DAY!!」を入れる事で、誤摩化しきれた、やたらとロッケんな「アンナ ブルーズ」

始めて音骨が、生命体相手に「ありがとう」と歌う、いい人っぽい音骨全開の、かわいらしい一品「ガジュマルのおじいさん」

初披露時に、下手すりゃこれから音骨歌禁止!?ともなりかねなかった、どーでも良さ加減全開の、あまりに酷すぎる狂人の戯言、なのにやたら美メロ&壮大な「it's a wonderful BONIN ISLAND 2」

嫁にプロポーズしたものの、未だ返事がもらえず、焦って創ったけど、始めて歌ったのは結婚式で、おまけにその後は一回も歌ってない名曲「とついで ユキカ」

結婚式の07年7月7日にかけて、その日の為だけに創った「777」の全7曲!!!

総計 15+7 Deth!!!

LIVEの日に来られて、アルバムを購入された方々には、もれなくこの一品が付きまっス!!!

限定品なので、数百年後はプ、レ、ミ、ア、間違い無しっス!!!

数百年後、には、ネッ!!!!
hamamatu

行ってまいりまスた、ヘルパー同窓会!!!ならぬ、母島同窓会!!!

子供たち一人一人に、それぞれお土産を買い、菓子折りひとつ持って、久々に会ったアンナビーチ父ちゃんに渡そうと、近づいていった刹那、掘り込み式テーブルの下に、足を踏み外して落っこち、あわや皿を割りそうでした。

そんな音骨を無視して御主人は、嫁に「最近、音骨暴れてない?大丈夫?」なんて聞いておりまっした。

披露宴ライブのチケットを購入された方々も来ており、「チケット届かないんだけど。」って言われ、「あわわわわわ。すんません。」

そーなんDeth。チケット作成まで手がまわってなくて、御待たせしてるんDeth。しかし、基本的に購入された方は名前だけでも入れる事になってるので、御心配なく!!!
でも、絶対に間に合わせますから、しばしお待ち下され~!!

子供たちにはそれぞれ、長男にデンデン太鼓。長女次女には色違いのちっこいマスコット的なやつ。赤ちゃんには、電動で延々とボールと戯れるキツネっぽいの。
長男にあげたデンデン太鼓は、みてたら音骨も欲しくなってきたので、自分用にも買いました。

そんで音骨はそのデンデン太鼓を取り出し演奏してました。
それをみた長男のご両親は「きっと、そんなものを貰って、うちの長男が喜ぶとは思えない。。」的表情を浮かべておられたはずDeth。

た、し、か、に。デンデン太鼓を貰って喜ぶ中学生なんて、い、る、わ、け、な、いDethねっ!!

せいぜい三才児までDeth。間違えました。ミスりました。ま、いいや。

母島丸のお見送りで使って下され。

御主人とは共謀して、アンナビーチでもアルバム「宇宙人ハ芸術家」を買える手はずを整えておりまっス!!
御主人曰く「たぶん、うち意外では売れないだろうから。」だ、そーDeth。
ふ、ざ、け、ん、な、ぢゃなかった!慈悲あふれるお言葉ありが10匹Death!!
儲けは、仲良く折半でお願いしマッス!!!

久々に会った赤ちゃんは、もはや音骨を忘れたのか?抱っこしたら泣いてました。
ハイハイ歩きを飛ばして、今や歩けるようになったそーDeth。
そーいえば、音骨の真の姿で抱っこしたことはなかったなぁ。
でも、向かいでじろじろ盗み見してました。
遠くから、盗み見るのが好きなんでSHOW!!!
または、歌ったら思い出すんでSHOW!!!

そ、し、て、勿論、ヘルパーは音骨のみ!!!

でも、そのヘルパー音骨も、(代理人ブラック)に電話をさせたというので、歴代ヘルパーは誰も直接電話してはこなかったということDeth。
う~む、冷たいぢゃないか!ヘルパーちゃん達っ!音骨を見習えっ!!にゃんて。
セルフライナーノーツ続編Deth!!

7曲目「山羊のME」

唯一父島防空壕でできた、アルバム中最も牧歌的かわいこちゃん的ナンバー。
プーランヴィレッジのマスターに言われた一言「音骨君て、山羊に似てるよね?」「えっ!?そんなバナナ」的会話がきっかけで出来た、音骨が山羊と同化して「わたしを食べて」とおねだるナンバー。

しかし、アルバムでは山羊のみならず、鳥にも蛙にも変化してまっス!!!

8曲目「黒い太陽」

一転して、凄まじいディストーションの砂塵の中で始まる、真夜中のナンバー!!
聖なる暗黒魔神と化した音骨が、さっきまで自分だった山羊や、アノールを「燃えろー!!殺せー!!ワッショイワッショイ」とお祭りさわぎ!!

始めて歩いて桑の木山に向かう道中で、キチガイみたいに、笑い叫び走りながら、道路でこの歌を作っておりました。

この歌が、絶対「小笠原を世界遺産に」キャンペーンソングに指定されるだろうという音骨意見に、未だ同調する人はナッスィングDeth!!!

9曲目「ガジュマル宇宙ステーション」

複数のサイケなギターとタブラの音で始まるこの複数音骨合唱が、あなたを宇宙ステーションに接続させます。
アルバム中最も巨大な音空間。

あの、ガジュマルルルルルルルルルルを聴いたら最早普通のルーでは物足りなくなるが必至!!
自宅で公園であらゆる場所にガジュマルが見えだしたら、あなたも最早キ、チ、ガ、イ、Deth。

10曲目「it's a wonderful BONIN ISLAND」

お隣ヘルパーサルーが、南崎でバシャバシャ写真を撮りまくってる隙に誕生した歌。
あまりに馴染みやすいメロの為か、もとからある島唄と勘違いされる、普遍の名曲。
壮大な太平洋の揺らぎの中で、時間と空間を超えて、3才児が歌う、果てしない祈り!!

11曲目「宇宙の旅人」

多摩川で人知れず歌い狂っていた、母島に渡る約半年前の音骨に降臨した、珠玉のナンバー。
時間と反時間に挟まれ、イってしまった前世の音骨の記憶と相まって、父島防空壕で融合を果たし、完成した幻の歌。
アルバム中最もPOPな音像と、引きちぎられ散って行く人工電子音のような音骨の声。
後半の、ひたすら盛り上がり駆け上がってゆくモーツァルト的展開に、あなたはガッツポーズを禁じえないSHOW!!!

12曲目「蓬莱根」

気付くとそこは、極楽浄土か?

母島新婚旅行の記憶と相まって、海中に広がる曼荼羅万華鏡世界を観ながら、海中で歌ってるのは誰?わたしはどこ?あなたはだれ?

そして、そんな極楽浄土で、あらゆる感情を禁じられた音骨の、歌が終わったその刹那、アルバム中最もエモーショナルな瞬間が、全ての感情を一瞬で弾け飛ばし、あとはさざ波が残る。

13曲目「グリーンペペ」

どこかの妖怪の笑い声(答え アシュラ)と供に始まる、弾き語りのエメラルディな小品。
妖怪が何やら後ろでばたばた悪戯をする中、静かに語られるグリーンペペの心。

アンナビーチの主人が、わざわざ連れて行ってくれて「作ってくれ」と依頼された、アルバム中最も歌詞の少ないナンバー。
約二分近く、「グリーンペペ」の一言だけで奏でられる壮大なメロディー展開に、あなたは世界吃驚SHOWでSHOW!!

14曲目「母島Death」

そ、し、て、つ、い、に、暑さにやられ?母島で死ぬ音骨。
これは死を前に描かれた「遺書」なのか?
美しいアコギのリフと、よくあるブレイクビーツに乗って、子宮内電子音のごとき世界を漂って行く。
さ、よ、な、ら。

15曲目「ケロケロリンゴ」

再び妖怪が奇声をあげた瞬間、「なんちゃんてぇええ!!ケロケロDeth!!」的音骨が復活する。
ほぼ弾き語りの、アルバム中最もナマナマしい、いつもの音骨が、あなたの自宅に一台、常備されます。
後悔しても、ム、ダ、Deth!!!
アルバム中最初に作られた曲。

こいつと、宇宙の旅人だけを持って、ジャケット絵を完成させた音骨は、小笠原に渡ったのでした。

この曲が終わった瞬間、あなたは再びPlayボタンを押してるでSHOW!!!
最早遅し、中毒必至Deth!!!!!!!!!!
かねてから予告していた、ALBUM「宇宙人ハ芸術家」のセルフ自慢大会を行いまっス!!

つまりは、自己中的、独断偏見だらけで文句あっか的セルフライナーノーツDeth。

アルバム曲順は、1 南崎へ行こう  2 アンナビーチブルーズ  3 母島が好き 4 あたし、どざえもん?  5 地獄で笑え 6 ダチュラの花 
7 山羊のME 8 黒い太陽  9 ガジュマル宇宙ステーション 
10 it'a wonderful BONINISLAND11 宇宙の旅人 12 蓬莱根 
13 グリーンペペ 14 母島Death 15 ケロケロリンゴ
の、全15曲!!45分45秒!!!
死後死後(4545)Deth。
シコシコ(4545?)Deth。
死語死語Dethじゃなくって、ジゴジゴ地獄巡りDeth!!!

1曲目「南崎へ行こう」

初めて南崎へ行く道中で作り上げたこの至高の名曲が、流麗なストリングスと弾むようなバスドラと供に流れ出し、あの華麗なイントロが流れ出した瞬間、2本のタブラが昆虫のように踊りだす折、あなたはすでに、母島の南進線を歩いてる自分に気付くでしょう。

次第にスピードを増して行っては、時折休んで、また歩みだし、出会いと別れを繰り返しながら、ついには小富士から太平洋に飛び込む、キチガイの気持ちと同化するでSHOW。

小富士で、とうちゃんおにぎりが、食べたくなるでSHOW。
母島と音骨が、宇宙的融合を果たした、最初の光景!!!

2曲目「アンナビーチブルーズ」

ブルーズにしてブルーズにあらず。
南洋踊りとブルーズとインドとの出会い。

かつて聴いたことのないリズムで叫ばれるここは、どこのアンナビーチなのだ?
あらゆるアンナビーチが、次元を超えて重厚する幻のアンナビーチで、タマネギに塩をかけて丸齧る、在りし日の音骨IN防空壕が重なり、アルバム中、最もアバンギャルドな音が響き渡る!!

3曲目「母島が好き」

アンナビーチの小学生姉妹のコーラスに導かれ、かつてないほど優しげなお兄さん的音骨が、壮大な母島アンセムを歌い上げます。

「お前はジョンレノンかい?!」的LOVE&PEACE音骨ワールドに、3曲目にして早くもあなたは、感動の涙と鳥肌を禁じえないでSHOW!!!

4曲目「あたし、どざえもん?」

曰く、いわく付きのこの物語。

溺れ行く女性の心理とシンクロするサウンドコラージュ。
太鼓のビートに導かれ、どんどん沖に流されるあたし!
壮大な救出劇のクライマックス!!
覚めて気づくと、そこは夢幻の世界。
ここは、どこ?あたしは、誰?

どーでもいいじゃん!!どーだっていいじゃん!!ぎゃはははははは!!!的音骨色の万華鏡。
次第に高鳴る葬送の鐘的ムードのシンバル音が弾けとんだあと、そこはどこ?

5曲目「地獄で笑え」

そこは、地獄の3丁目。魑魅魍魎がざわめくキチガイ空間で、どこからか、音骨の歌が聴こえる。
悪意に満ち満ちた歌詞と、笑いと狂いに満ち満ちた、地獄の一品。
後半、疾走するギターは、アルバム中最大風速を示し、あなたを興奮と笑いの渦に巻き込むでSHOW。

6曲目「ダチュラの花」

凄まじいディストーションボイスと、歪んだ音塊像とともに、凄まじくキャッチーなメロとリフで、この朝鮮アサガオについて、東北弁で歌いあげる。

宇宙の絶対零度、恐怖の幻覚光景が、恐怖を取り除かれて、あなたの前に現れる!!
なんて、ラッキー!!なんて、おいしい!!

シャーマンもビックリ仰天の、クレイジーナンバー!!!

つづきは、またねっ!!
otobones1
a-shura

予告通り、欲望渦魔苦新宿東口ABCマート前にて母島音骨歌が爆裂!!!
し、か、し、予告編は、サイトのトラブルか、さっきUPされてた模様。
仕方ないDethねっ!!

無慈悲なる大都会新宿のど真ん中で、太古の自然の残る母島の歌を高らかに歌う音骨の隣で、絡んだふりしたり、絡んだふりしなかったり(多分ほぼ聴いちゃいねぇんだろなコイツ)とはいえ、一心不乱にタブラるアシュラもバ、ク、ハ、ツ!!!

アブサン多量消費!!!稼ぎ一切ナッスィング!!!

時折、立ち止まり見てる人や、写真を撮ってる人もいたらしいが、大方ムッスィング!!!

しまいには、巨石の上に上がって、高みの見物ならずの爆裂!!!

時折、ボーッと煙草を吹かしたり、ボケーッと街行く人々を眺めたりの時間を挟みつつも、約二時間歌いっぱなし、叩きっぱなし、ケロケロリンゴを四回歌う等、もはや何曲やったかも記憶ナシ!!
喉、ガ、ラ、ガ、ラ、声、カ、ス、カ、ス。でも、元気モ、リ、モ、リ。

また、やりまっせ!!!

アルタ前出現

音骨とタブラーマンアシュラが、五時頃アルタ近辺に、神出鬼没!!
母島の歌を歌う横で、タブラルアシュラ!
何時までかはみ、て、い。
母島で音骨がヘルパー業をさせて頂いてた、アンナビーチの父ちゃん、母ちゃん、赤ちゃんが11月25日のサンデーに、浜松町近郊で「第一回ヘルパー同窓会」なるものを企画していると、闇情報家からゲットしました。
闇情報家ったってあれだよ!
ブラックよ。

どうやら、アンナビーチの掲示板で見たらしいDeth。
そんで、音骨はブラックを幹事に認定しまスた。
も、ち、ろ、ん、音骨は、やる気満々でした。
も、ち、ろ、ん、音骨は、飲む気満々でした。

ブラックが、音骨と(ヘルパーでもない)ブラックと音骨妻の、出席希望の旨を宿に伝えたらしいDethが、その時点で電話があったのは我ら三人からのみだったそうで、ヘルパー同窓会はそのまま闇に消え、母島同窓会的なるものが浮上するかも、との噂も小耳に挟みました。
小耳に、ねっ!
まあ、歴代ヘルパーさんら、最近掲示板を見てないって事でしょうねっ!
知ってたら、内地在住ヘルパーさんは駆けつけますよねっ!!

ねっ!!?

しかし、母島同窓会説もありますので、アンナビーチ関係者(旅人など)の方は、25日までにアンナビーチの掲示板要チェックDethよ!!

も、ち、ろ、ん!! 音骨も飲みに行きます。

ところで、予定より一日遅れて、昨日高尾山で実体化してまいりました。

行者さながら、ギターを奏でながら下山する音骨と、松葉杖の登山妻は、若い日本人青年と外人ギャルに「かっこいい!!写真撮らせてー!!」と言われ、満更でもない心持ちで家路についたのでした。

ところで、アルバム制作を全て終えた音骨は、旅に出ます。
旅ったって、あれだよ!!

家の近所から、東京近辺うろうろするだけよ。
アブサン飲んで、そこいらで歌ったり弾いたりするだけさ。
気の向くまま、風の吹くまま、あっちで一曲こっちで一曲ってさ。
チケットあんま売れてないから、手売りで営業も兼ねてるさ。
ついでに、アルバムの宣伝マンもやるさ。
ついでに、アブサン代稼ぐ為に「誰かー、恵んで下さーい!」的に、空き缶に千円ぐらい入れて、その辺に置いとくか。
でも。。
金もないし、寒いから、そりゃ夜には自分ん家に帰るさ。
でも。。。
酔いつぶれなければ、の話Dethが。。。
21stMap

こちらが、披露宴&音骨「宇宙人ハ芸術家」発売記念ライブ会場案内でありまっス!!音骨絵画を元にデザイナーが仕上げた一品でございマッスル!!

つ、い、に、アルバムジャケットのアートワークも完成し、あとは業者に送りつけ、マスタリング後、刷られるだけであります。
驚愕のジャケットデザインの素になった絵は、音骨が小笠原に渡る直前の一ヶ月半、数百時間かけて仕上げた1.5M×1.7M×裏表の大作Deth。

当初、15×2ページのスクラップブックとして制作していたそれは、アブサンのもたらす狂気と相まって、あらゆるゴミやらナプキンやらゴムチューブやらエロ本の切り抜きやらが貼付けられ、アクリル絵の具やらポスカやら筆ペンやらに塗りつぶされたあげく、15枚のバラバラの絵にされ、再びあらゆるテープやらホッチキスやら接着剤によって一枚の絵にされたキチガイの一品でございます。

表面は、炎に焼かれ悶える音骨の上半身が等身大で描かれ、真ん中にはゴムチューブで貼付けられた「狂」の一文字が見えます。
音骨の手形で描かれた手の平は、ガラスの壁に触れて「俺は閉じ込められてるんだあああ!!!!」と叫んでいるようであります。
すでにミディアム程度には焼かれてるらしく、頭部はドクロ化してるようにも見えます。
これがジャケットの表面になります。

裏面は、訳が解りません。が、なにやら、宇宙Deth。

宇宙ううううううううううDeth。

これがジャケットの裏面になります。

これらが、プロの一流デザイナーの手に酔って、かっちょええジャケになったのじゃけん。
「うれしか~うれしか~」と、この一週間音骨は過ごしてたとお思いDethか?

ソンナバナナ、Deth。

ある時間の全てを、よりアルバムを最強にする為に、費やしま死た。
そうDeth。
アルバムはマジ完成を経ても、マジ完成しておりませんでした。
しかし、ついに音骨コーポレーションのデザイナーにマジ完成のデータを渡されたその時には、アルバムは夢幻宇宙の彼方で鳴り響くまでに凄まじい出来を示しておりまっした。
つーか、音骨コーポレーションのデザイナーっつっても、あれだよ!!
ヨメDethたい。

まさに、三度目の正直!!!
最早それらはCD-Rに焼かれ、あとは明後日に郵送されるのを待つばかりDeth。
ギリギリまで粘った末に、このアルバムは、宇宙の最深部に深々とブッ刺さった、美と狂気と笑いと涙と感動の大傑作と相成りました。
やばいDeth。
や、ば、や、ば、Deth。
かつてこんな音楽があったでしょ-か?ありません。
聴いてクダサイ。買ってクダサイ。観てクダサイ。エクスペリエンスってクダサイ。

とか、言ってる場合じゃないDeth。
ただ今、驚愕の事実が、誤字テストってた本社スタッフによって明かされました。
それは次の一言でした。
「音骨のDethって、死を意味するデスじゃないよね?」
「いや、死を意味するデスDethよっ。」
「それって、Deathじゃあ、、、。」
「へぇえええええええええ!!!!そーなんDethかっ!!地球じゃDeathっちゅーんDethか!!??」
音骨星とは、違いますね。
いや、でもあまり記憶力がないので、確かとはいえませんが、多分「Deth」だったと思いますDeth。
だから、今後もDethでいいんDeth。
さて、驚愕のジャケットが隣室からメールで届きました。
jaket
ちなみに元絵はこれ。
front
ちなみに元絵の裏はこれ。
back
これらの現物は、LIVE会場にて観る事ができます。
どーDethか?家のカーテン。じゃなかった、狂気の一品は!!
観るたびに新しい怨霊が現れる便利な作品Deth。

さて、アルバム制作を終えた音骨は、明日は久々に地球上で実体化し、高尾山にギター侍さながら現れます。
何故?高尾山なのか??
近いからDeth。
詳細は明日、このブログ上でっ!!!
本日、11月10日22時31分、アルバム「宇宙人ハ芸術家」、マジ完成!!!

昨夜、後で確認したら、重大なミスを発見。
マスター音源の音質が著しく悪化しておりまスた。

しまったー!!ブログあげちゃったのにぃ~、でもしょうがないっス。
ああ~、予定通りぢゃなかった。と、思いきや、今日発覚!!

なんと!11月10日は今日ぢゃないか。

と、いう事で予定通りでした。

さらに15時間にも及ぶ最終MIXのおかげでアルバムはより最強にっ!!
本日11月10日、予定通り、音骨NEW ALBAM「宇宙人ハ芸術家」のレコーディング及び編集が全て終了しました。
ほとんどロクスッポ食事も採らずに制作に費やしたあげくに完成したコレがなんなのか、未だよく解っておりませぬ。
完成したあとは、ちょっとの間、全身麻痺ってました死ねっ!!

確かに云える事は、く、く、狂ってる。

確かに云える事は、な、な、なんて名曲揃い。

確かに云える事は、げ、げ、芸術は爆発だ。ってパクリかよっ!!!

確かに云えない事は、う、う、売れそう。。

そんな事は知りません、知りたくもありませんし、聞きたくもありまっせん!!
あーもーどーでもいいわ!!!
やっほおおい!!やっほおおおおい!!完成だっ!!完成だっ!!!と。

46分全15曲、平均3分間のこれらの楽曲の曲作りが始まったのは、約一年半前からでした。
それがようやくこうしてカタチになったわけDethが、タイトル通り、あきらかにコレは宇宙人による芸術としかいえないものになっておりマッス!!

あとは、速攻アルバムジャケットを仕上げて、業者に送りつけます。
アルバムは1000枚刷る予定Deth。
少なくとも、12月24日のアルバム発売記念LIVEには、間に合うでしょう。
アルバム全曲セルフ解説は後日ブログにてアップしやす!!

きょ、きょ、今日は無理ス。。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。